お取り扱いについて

陶磁器について

陶器は粘土(土)から出来ています。 磁器は磁土(石)から出来ています。
陶器は「土」の風合いや温もりが特徴である一方、磁器はガラスのような硬くてなめらかな質感が特徴です。
陶器と磁器の一番の違いは、吸水性です。吸水性のある陶器は、使用後汚れたまま長く置いておくと汚れが吸収されてしまい落ちにくくなるため、早めに洗って乾燥させる必要があります。

釉薬について

釉薬(ゆうやく)とは陶磁器の表面に付着したガラス層のことです。
素焼きの後、釉薬をかけた後に本焼きをすることで、釉薬が高温で熔けて、陶磁器の表面でガラス質になります。
釉薬を使用することで、様々な色や風合いを表現することができます。
また、ガラス質でコーティングをするので、より丈夫になり、水や汚れを吸収しにくくなります。

商品の個体差について

手作業であることや釉薬の特性により、サイズ・色味・形状が多少異なる場合がございます。
手作りの味わいや原料に土という自然の素材を扱う陶器として、ご理解いただきますようお願い致します。
また、器の表面に見られる小さな穴は、ピンホールと呼ばれるものです。
土を主成分とする陶器には、素焼きの段階で器に多くの空気が含まれており、焼成時に気泡となって表面に小さな穴となって現れます。普段の食事では問題なくお使いいただけますが、自然に現れる現象としてご理解いただきますようお願いいたします。

お取り扱いについて

陶器の場合、末永くお使いいただくために電子レンジ、食器洗い乾燥機のご使用はおすすめしておりません。
オーブンに対応した食器ではございませんので、お使いいただけません。

【ご使用前に】
あらかじめお湯や水に浸して生地に水分を十分に含ませてからご使用いただくと、醤油、油分が付きにくくなります。ご使用の都度行っていただくと効果的です。
※水に浸すと生地の変色や斑点が出る場合がありますが、生地に水分が含まれたため出る現象です。十分乾燥させていただくとなくなりますので問題ありません。

【ご使用の後は】
ご使用後は、柔らかいスポンジや布に、台所用洗剤をご使用ください。
洗剤の代わりにクレンザーを使用したり、研磨剤付きのナイロンたわしなどで強くこすると、表面を傷つける可能性があります。
汚れを落とした後は、よく乾燥させてからご収納ください。器の底面(釉薬が掛かっていない)の部分から水分が蒸発しやすいので、裏を向けて通気性の良い場所で乾燥させるとよりしっかり器を乾かすことができます。
ご使用後の食器に食べ物を残したままにしたり、食器を水に浸したままにしたりしますと、汚れを吸収してカビやシミなどが発生する原因となります。

【汚れが取れない時は】
シミなどの汚れが付いたときは、器が隠れるほど鍋に水を張り、食器を入れて30~60分程度煮沸してください。汚れが取れない場合は繰り返し煮沸してください。それでも落ちない場合は、台所用漂白剤を使用してください。さらに、鍋で食器を煮沸し、その後台所用洗剤で洗って十分に乾燥させてください。
汚れが付いたときは早めにご対応いただきますとより効果的です。

その他お買い物に際しご不明な点がございましたら、お気軽にカスタマーサポート(https://cochi.cc/contact/ )までご連絡ください。
※カスタマーサポート営業時間:平日10時から17時
※カスタマーサポートからの返答は1〜3営業日以内を目安とさせていただきます。